病院・施設 向け 研修
― 施設におけるユマニチュードの導入に向けて ―

ご自身の所属する医療・福祉施設においてユマニチュードの導入を中心となって進める実践者を養成するためのコースです。
研修を繰り返し受講いただくことでユマニチュードの定着を目指します。


よいケアを提供するためには、専門の知識と技術が必要

高齢者や複数の慢性疾患を持つ人、神経変性疾患を抱える人、終末期の人に寄り添い、これらの人々を支援するためには、そのための専門知識と技術が必要です。
ユマニチュードのケア技法を活用することによって、関係性を重視して改善し、困難なケアも平穏にやりとげることができるようになります。日常的に提供するすべてのサービス(食事・睡眠・アクティビティ・生活環境など)においてユマニチュードを活用することで目標を実現できます。

ユマニチュードの推進委員会を設置して、施設全体でワンチームとして活動

「ケアする人とは?」という哲学に基づいた、ケア実践の永続化と継続的改善のために、施設内でユマニチュードの活動を推進していく推進委員会の設置が必要です。
ケアに関する時間の使い方、人員配置、施設内の決まりなど、ユマニチュードのアプローチは多岐に渡るので、施設全体が1つのチームとなって推進していくことが、施設でのユマニチュード導入の大切な要素となっています。

研修では、ユマニチュードを推進していくための技術を学びます

研修では、ユマニチュードの哲学、関係性とコミュニケーションの技法の他に、問題を読み解く力、解決策を導き出すためのアプローチ方法、仕事のシステムをケアに合わせて変更していく方法など、ユマニチュードのアプローチを推進していく技術を教えています。

まずは研修案内の動画で、内容をご確認ください



    病院・施設向け研修

    お問い合わせ

    1. ユマニチュード導入までの流れ

    2. 概要

    目的 医療・福祉施設においてユマニチュードを実践するケア実践者の育成
    申込要件
    • 機関・施設・団体等の法人の代表者からのお申込みであること。
    • 同じ病棟・同じユニット(フロア)など施設の最小単位から、複数名のご参加をいただくこと。
    費用 病院・施設の規模、ご予算等に合わせて、お打ち合わせの際にご提案をさせていただきます。
    注意事項
    • 本コースの研修は、実際のケア現場(病棟)での実習を行います。
    • 当社ならびに研修施設は、研修中の災害、事故発生の防止に努め研修を実施いたします。
    • 受講者の皆様におかれましては、感染症予防および健康管理に十分ご留意いただき、ご受講くださいますようお願いいたします。
    • 受講者の皆様には、研修を通じて知り得た研修施設の患者や職員、機密事項を第三者に開示または漏洩しない秘密保持義務があります。
    • 受講者の過失または故意により何らかの損害が発生した場合は、当社ならびに研修施設、関連団体は一切の責任を負いません。
    • 本コースは、インストラクター養成コースではありません。従いまして、本コースを修了しても、所属機関や施設以外の看護・介護などの専門職向けに講演・講習・教育等を行うことはできません。

    推進委員会研修

    対象
    • 施設内の推進委員会メンバー
      経営層、管理者、現場長、現場実践リーダー、実践者(多職種)
    時間 研修 3時間
    講師 ユマニチュード認定インストラクター 1~2名
    内容 ユマニチュードの導入・推進に向けた研修
    • ユマニチュードの目的・課題
    • ユマニチュードの実践を施設内で継続するための組織作り、継続的に改善する方法など
    配信方法 ユマニチュード認定インストラクターによるZoomでのオンライン配信
    ご準備いただくもの
    • 全体で見られるようなPC(パソコン)を1台(複数の会場で投影する場合には、それぞれ1台ずつ)ご用意ください
      ※予めZoomアプリのインストールをお願いします
      ※必要であれば、それぞれがタブレット、スマホ等でご参加いただくことも可能です
    • Wi-Fi環境として、高速通信が可能な電波の良い場所、また、ご使用になる端末を充電できる環境でご受講ください

    全体講演

    対象 全職員
    時間 講演 90分
    ※質疑応答を含む
    講師 ユマニチュード認定インストラクター 1名
    内容 スタッフの共通認識、施設導入のための講演
    • ユマニチュードの基本の哲学
    • ユマニチュードの4つ柱
    • ケアの5つのステップ
    講演方法 ユマニチュード認定インストラクターによる訪問
    ご準備いただくもの
    • 投影するプロジェクターなどの機材

    実践者育成4日間研修

    対象 日常的にケアを実践している専門職の方
    講師 ユマニチュード認定インストラクター 1~2名
    内容 実際の業務条件と同じ環境を用意し(ベッドサイド実習)、理論とプロフェッショナルとしての実践内容とを結びつけた、実践者を育成するための実技研修
    • 哲学に基づいてケアを考えることができる
    • 関係性づくりのテクニックについて理解し実践できる
    4日間研修 プログラム例(9:00-17:00)
      1日目 2日目 3日目 4日目
    午前
    (4h程度)
    講義 ベッドサイド実習 ベッドサイド実習 ベッドサイド実習
    午後
    (4h程度)
    講義
    実技演習
    講義
    実技演習
    講義
    実技演習
    映像学習
    講義
    映像学習
    ※4日間研修後にフォローアップ研修もございます
    研修方法 ユマニチュード認定インストラクターによる訪問
    修了資格 4日間研修修了者(各個人)に、修了書をお渡しします


    3. ご依頼の流れ

    1お申込み
    お申込者様
    2打ち合わせ
    事務局からご連絡
    • お問い合わせフォーム確認後、事務局から順次ご連絡いたします。
      詳細のご説明、開催目的・初回の対象フロアまたは病棟・実施時期・全体ご予算・予定人数について、打ち合わせをさせていただきます。
    3契約・発注
    お申込者様
    • 契約締結後に、発注いただきます。
       
    4研修日程調整
    事務局
    • ご希望日を伺い、事務局で日程を調整しご提示いたします。
       
    5事前打ち合わせ
    事務局からご連絡
    • インストラクター、施設・病院のご担当者様、現場長の方と、研修に向けて具体的な打ち合わせをします。
       
    6研修
    • インストラクターが、オンライン配信、または訪問による研修を実施します。
       
    7ご精算
    お申込者様
    • 当社から、各研修の終了後に請求書をお送りいたします。
      • 指定の銀行口座までお振込みをお願いいたします。
      • 支払条件は「月末締翌月末払」となります。

    ※ご依頼時の状況により、記載以外の手続き・手順の前後が発生することがございます。