― ユマニチュード2022新春イベント ―

チームで取り組むユマニチュード<第2弾>

データ×ユマニチュード

ユマニチュードは、ベッドサイドのケア実践の中で、観察と試行を繰り返し生み出されたケア技法です。
現場から生まれたこの技術は、誰でも学び身に付けることができます。なぜ穏やかにケアを受け入れてもらえるのか?という疑問に対して、これまでの臨床研究の結果などをご紹介します。

「チームで取り組むユマニチュード」というテーマでスペシャルゲストをお迎えし、
1月:「医師×ユマニチュード」、2月:「データ×ユマニチュード」、3月:「在宅×ユマニチュード」と、3ヵ月連続イベントを開催します。
ユマニチュードのケアをチームで実践するのに、役立つ情報をお届けします。
2022年もユマニチュードの輪を広げていきましょう!
本イベントは、オンラインで実施いたします。
申込期間

受付終了しました

    募集要項

    日時 2022年224日(木) 19:00~20:00(60分)
    ※YouTubeライブ配信
    ※ライブ配信実施後に、アーカイブ映像を1週間限定でご視聴いただけます。リアルタイムで参加できなくてもOK!
    <アーカイブ映像について>
    イベントにお申込みいただいた方は、ライブ配信終了後にアーカイブ映像をご覧いただけます。
     配信期間:2022年2月24日(木) 20:00~3月3日(木)20:00
    申込期間 2022年113日(木)~2022年223日(水・祝) 受講料納付
    対象者 どなたでもご参加いただけます
    参加費 1名あたり 3,300円(税込)
    内容 第2弾 データ×ユマニチュード「データが支えるユマニチュード」

    「優しさを伝えるケア技法」であるユマニチュードがなぜケアの現場で役に立つのか、
    ケアの専門家だけでなく、心理学や哲学、情報学、工学の専門家によってさまざまな研究が進められています。

    チームで取り組むユマニチュード第2弾は、「データが支えるユマニチュード」をテーマに
    人工知能による映像分析や、バーチャル・リアリティーを使った教育システム、
    ユマニチュードの技術を搭載したロボット開発など
    現在進行中の世界初の技術を通して「ケアの現場から生まれる未来」についてご紹介します。
    こんな方にお勧め
    • ユマニチュードに関する研究に興味がある
    • 「ケアを通して人と人との絆を結ぶ」とはどういうことなのか?と考えている
    • 日々のケアに、ユマニチュードの4つの柱を取り入れた実践をしている
    講師

    日本ユマニチュード学会代表理事
    独立行政法人国立病院機構東京医療センター 総合内科医長
    本田 美和子 様

    1993年 筑波大学医学専門学群卒
    1993年 国立東京第二病院(現・国立病院機構 東京医療センター)内科
    1995年 医療法人鉄蕉会・亀田総合病院 総合内科
    1997年 国立国際医療センター エイズ治療・研究開発センター
    1998年 米国トマスジェファソン大学 内科
    2001年 米国コーネル大学 老年医学科
    2002年 国立国際医療研究センター エイズ治療・研究開発センター
    2011年 国立病院機構東京医療センター 総合内科医長
    ご準備いただくもの
    • PC、タブレット、スマホ等の端末でご参加ください
    • Wi-Fi環境として、高速通信が可能な電波の良い場所、また、ご使用になる端末を充電できる環境でご受講ください
    配信に伴う注意事項

    YouTubeライブによるオンライン生配信です

    • 開催の1週間前に(1週間前以降のお申込みの方は開催前日に)、当日の接続についてメールでご案内いたします
    キャンセル・変更について オンラインイベントの性質上、チケットのご購入完了後のキャンセル、変更は承れません
    受講規約