特別企画! 第1回 ユマニチュードの哲学と技術を深める事例検討会
― ケアを拒否される場面でもう悩まない ―


今回、初めて皆様と事例を用いて検討会を行います。
「拒否される場面は、どうして起きるのか」「拒否されて私たちが困るのはなぜか」に焦点を当てて、「ケアをする人とは何か」、また、必要なケアをあきらめずに届けるための技術について一緒に考えていきましょう。
本イベントは、オンラインで実施いたします。
申込期間
※先着順受付 Webからの
お申し込み

    募集要項

    日時 2022年33日(木) 19:00~20:30(90分)
    ※Zoomオンライン開催
    ※入室時間 18:30から
    申込期間 2022年117日(月)~2022年31日(火) 受講料納付
    ※先着順のため、定員に達し次第 受付終了します
    受講者要件 入門コース、実践者育成コース、基礎研修、講演を受講したことがある方
    参加費 1名あたり 5,500円(税込)
    定員 30名(先着順)
    ※お1人ずつに参加用アカウントを発行する関係上、お1人ずつのお申込みをお願いします(複数人同時にはお申込みできません)
    目的
    • 身近なケアの場面の困りごとから「ケアをする人とは何か」を理解する
    • 必要なケアをあきらめずに届けるための技術を用いる人になる
    内容 ※ 第1回(3/3開催)と第2回(3/20開催)は、同じ内容となります ※

    拒否される場面:「いやっ」「あっちいけ・・うるせい」「あとにして」と言われる、無言というようなよくあるケア映像を用いて、ケアとは何か、どうしたらよいのか、ユマニチュードの哲学と技術を用いて考え、分析します。

    本講座をお申し込み時に、ケアのよくある困りごとのシーンについてアンケートにご記載いただきます。
    講師 ユマニチュード認定インストラクター
    盛 真知子・金沢 小百合・髙澤 君予
    ご準備いただくもの
    • PC、タブレット、スマホ等、お一人につき1台の端末でご参加ください(予めZoomアプリのインストールをお願いします)
      ※講座の構成上、PC(パソコン)でのご受講を推奨いたしますが、タブレット、スマートフォンからのご受講も可能です
    • Wi-Fi環境として、高速通信が可能な電波の良い場所、また、ご使用になる端末を充電できる環境でご受講ください
    • 筆記用具
    • 開催1週間前と開催1日前のメールにて、資料をダウンロードできるURLをお知らせいたします。印刷してご参加ください
    配信に伴う注意事項

    Zoomによるオンライン配信です

    • 参加者のみが入室可能なパスワード付きのミーティング接続を利用します
    • 開催の1週間前に(1週間前以降のお申込みの方は開催前日に)、当日の接続についてメールでご案内いたします
    • 接続時はお名前部分を本名にしていただき、カメラ、マイクをオンにできる状態でお願いします
    • 1申込につき、1名の視聴権利となります。お申込み以上の複数名でのご視聴が判明した場合には、ご退出若しくは実視聴者数の受講料を請求いたしますので、ご注意ください
    • Zoom接続のご不安を解消するため、事前にZoomのテスト接続を実施して、問題なくご使用いただけるかご確認の上でお申し込みください
    • 開催時間30分前より、音声確認・ビデオ確認・出欠確認をさせて頂きます。ご不安な方は、早めに入室頂き、ご確認ください

    キャンセル・変更について オンラインイベントの性質上、チケットのご購入完了後のキャンセル、変更は承れません
    受講規約